【2022年7月】新型コロナBA5の特徴と感染者数予測

BA5 新規感染者数予測感染者&症例
BA5 新規感染者数予測
この記事は約23分で読めます。

BA5の初期症状から後遺症そして感染者数を予測

昨日(2022年6月30日)、世界保健機関(WHO)より、新型コロナウイルスによる感染者数が先週より18%増加し、世界全体で410万を超える症例があることが報告されました。

WHOによると、最大の増加は中東で47%の増加。ヨーロッパと東南アジアで32%増。南北アメリカで14%増となっており、110カ国で増加しています。

その主な原因は、オミクロン株の亜種であるBA.4およびBA.5によるものと報告されています。

では、現在BA2が主流で、1日の新規感染者数が1万5千~2万人で推移している日本でも、これから感染者数が増えるのだろうか? 

このブログ記事では、BA5の特徴や各国のデータから感染者数および死亡者数を予測し、更に、各国で報告されているBA5による初期症状や後遺症についてまとめています。

先に、今回の記事の結論を述べると、次の通りです。

【感染者数は日本でも増えるのか?】
・第6波の感染者数を大きく超える波が予測される
・感染者数は、2022年8月9日(火)に 503,838人/日がピーク
・死亡者数は、2022年8月25日(木)に173人/日がピーク

【BA5による初期症状の特徴は?】
・症状の三大特徴は、① 40℃近くの高熱、② 咳・のどの痛み、③ 倦怠感(首痛・肩痛)
・風邪やインフルエンザによる症状との違いは、これらの三大症状が”同時”に発症する
・発症期間・経過は、3日程度

【BA5による重症化の特徴は?】
・重症化率は、第6波と同率
・重症者は、高齢者、基礎疾患、肥満に多くみられる

【特筆すべきポイントは?】
・ハイブリッド免疫
・5人に1人の割合に起こる長期後遺症(Long COVID)

【個人でできる対処法は?】
・市販薬
・ツバを飲み込むことさえツライ「ノドの痛み」への対処

BA.5は日本でいつ感染増加しはじめるのか?

欧州CDCおよび厚生労働省のデータを見ると、次のことがわかります。
① BA.4は1月、BA.5は2月にそれぞれ南アフリカで発見され、同国で4月~5月にまん延
② BA.4およびBA.5は、3月に欧州でも確認され、5月~6月にまん延
③ 日本では、BA.4が5月20日に、BA.5が5月21日に、それぞれ欧州からの入国者で確認されている

これらの各国の状況から、BA.5の確認後1.5カ月~2カ月後に感染増が始まると推測でき、日本では7月上旬には感染者が増加し始めるものと考えられます。

では、具体的にいつから始まり、ピークアウトはいつなのかをAIを使って予測してみます。

新規感染者数および死亡者数の予測

経済・観光など日本と密接な国々で急増している主な国(アメリカ、イギリス、フランス、スペイン、ポルトガル、ドイツ、デンマーク、台湾、韓国、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド)での新型コロナウイルス感染者数の推移から、AIを使って日本における新規感染者数の推移を予測しています。

各国のBA.4およびBA.5の感染率および国内の年代別人口比率および感染対策(マスク使用率やワクチン接種率)などから、感染者数の推移は次の予測となります。

  • 【感染者数のピーク】2022年8月9日(火)、 503,838人/日
  • 【死亡者数のピーク】2022年8月25日(木)、173人/日

日付感染者数(予測)死亡者数(予測)
7月9日49,96551
7月16日101,78461
7月23日246,68267
7月30日396,61879
8月6日503,59993
8月13日493,123113
8月20日445,096158
8月27日370,012166
9月3日283,199132
9月10日244,373100
9月17日176,43984

図1: 2022年7月1日~2022年9月30日までの感染者数(予測値)

図2: 2022年7月1日~2022年9月30日までの死亡者数(予測値)

BA.5の特徴は?

BA.5の大きな特徴は、BA.1およびBA.2に似ていますが、ウイルスたんぱく質の「L452R」と「F486V」と呼ばれる独自の変異を持っていることです。

これは、要するに、私たちがワクチン接種や従来株に感染することによって得た免疫応答を回避する可能性が高いことを示唆しています。

つまり、BA.5は、BA.5自身が生き延びるために、人間が持ち得た免疫を回避するように進化したバージョンと言えます。そのため、感染力が高かったBA.1、BA.2よりも「1.3倍高い」「35.1%速く広がる」という報告からも、「感染しやすい株」と考えられます。

BA.5による初期症状は?

BA.5は第6波で流行したBA.2による症状とほぼ同じであるが、特徴としては次の3つが挙げられます。

① 40℃近い高熱
② 咳・ノドの痛み
③ 倦怠感

発熱も40℃近く出る場合が多く、ノドの痛みも「ツバを飲み込めない」痛さ、そして、倦怠感においては「首や肩・背中の痛み」も報告されています。

日本国内では夏風邪、そしてオーストラリアでのインフルエンザの流行などから、風邪・インフルエンザ・BA.5の症状についてまとめました。

症状風邪インフルエンザBA.5
まれに40℃近くまで
(3~4日続く)
40℃近くまで
(2~3日続く)
頭痛まれにまれにまれに
倦怠感あまりない一般的強いダルさ
首・肩痛も加わる
くしゃみ・鼻水一般的時々まれに
ノドの痛み一般的一般的重い
軽度から中等中程度中程度
呼吸困難まれにまれに時々
嘔吐・下痢一般的時々時々

症状の見分け方については、こちらのブログ「風邪かコロナか見分けるポイント」もご参照ください。
つらいノドの痛みについては、こちらのブログ「ノドの痛みをなんとかしたい」もご参照ください。

BA.5による重症化の特徴は?

アドバイザーボード等の資料からまとめると、BA.5における重症化率および致死率は次の通りとなります。

重症化率重症化率致死率致死率
60歳未満60歳以上60歳未満60歳以上
デルタ株0.56%5.0%0.08%2.5%
BA.1-BA.20.03%2.49%0.01%1.99%
BA.50.03%2.49%0.01%1.99%
インフルエンザ0.03%0.79%0.01%0.55%

重症化率および致死率ともに、BA.5も第6波時のBA.1およびBA.2と同率であり、60歳未満においてはインフルエンザと同率であることがわかります。

米国CDCおよび欧州ECDCのレポートから、その重症者も従来のCOVID-19と同じく高齢者・基礎疾患者そして肥満の方に多くみられます。

特筆すべきポイント

各国の対応「ハイブリッド免疫の獲得」

欧米およびオーストラリア等の多くは、既に新型コロナとの共存に転換し、マスク不着用およびPCR検査の撤廃化が進んでいます。そのため、特にインド保健福祉局によると、ワクチン接種に加えコロナに感染し両方の免疫力を獲得することにより強い免疫「ハイブリッド免疫」を獲得することによって感染者数が激減している例もあります。

長期後遺症(Long COVID)

一方、米国CDCの大規模な新しい研究によると、18歳~64歳の感染経験者の5人に1人、そして65歳以上の感染経験者の4分の1に「長期後遺症」が発症していることが明らかになっています。

明らかになった主な後遺症をまとめると、次の通りとなります。

脳の霧
倦怠感
胸痛
筋肉痛
胃腸の問題
うつ病
呼吸困難(呼吸努力が必要)

また、科学誌ネイチャーに掲載された最新の研究によると、ワクチン接種によって、これらの長期後遺症のリスクを15%減らすことができると示唆されています。

【提言】
ここまで、欧米諸国の公的機関および科学誌から見てきて、7月上旬以降、日本国内での感染者数は拡大するものと考えられ、従来の医療体制では再び病院および保健所のひっ迫が想像できます。

また、コロナの変異も進化しており、従来のCOVID-19(武漢型~デルタ株)とは大きく異なっており、症状や重症化率も大きく異なっています。

そのため、WHOのルールを変更できないのであれば、従来のCOVID-19は今まで通り2類として扱い、日本だけ現在のオミクロン株によるものをCOVID-19-Omicron Variant of Concern(COVID-19-OVOC)と命名し「5類」として取り扱い、すぐにでも通常医療にシフトすべき時期だと考えます。

個人レベルでのコロナ対策準備

陽性になった場合、お住まいの保健所と共有できる健康管理機能「My HER-SYS(マイハーシス)があります。お一人でお住まいの方、ご自身やご家族の健康状態を保健所と管理でき、迅速そして適切なフォローがされますので、登録がおススメです。

ただし、入力方法が少し難しいと感じられます。
順を追って登録および入力できるよう、手順をコチラからダウンロードできるよう用意していますのでご参考ください。

【注意】マイハーシスの療養証明書
生命保険会社への保険金請求に利用できる「療養証明書」を、4月27日からマイハーシスで取得できるようになっています。

ここでご注意。
マイハーシスの療養証明書の有効期間は「10日間」の場合だけとなりますので、ご注意ください。

症状が軽快せず、11日以上療養した場合は、お住まいの管轄保健所発行の療養証明書が必要になりますので、保健所にお問い合わせください。
なお、保健所発行の証明書には療養日数が記載されませんので、日数が必要な場合には保健所にお伝えください。
また、一般的に保健所が療養証明書を発行する場合、申請から発行まで1カ月半から2カ月ほどかかりますのでご注意ください。

●厚生労働省からの通知
●MyHER-SYSから療養証明書を表示する方法

そしてもう一つは、急な発熱や痛みがあるのにスグに病院に行けないなどの時に、市販薬を用意しておくことをおススメします。

おススメは、即効性のある解熱鎮痛剤と熱吸収です。

幼児や小児に対しても服用できる「アセトアミノフェン」通称「カロナール」がおススメです。(ロキソプロフェンは、15歳未満の服用は認められておらず、胃腸障害などの副作用に注意する必要があるためです)

コロナ第7波が来ることが予測される中、重症化を防ぐために世界各国でも次の対策が挙げられています。

  • ワクチン接種済でも感染する可能性がある(ブレイクスルー感染)
  • ワクチン接種ができない方、11歳以下の子供達への対策

コロナ対策としては従来通りの、マスク、手洗い・消毒、ソーシャルディスタンスが基本となります。
また、高齢者やワクチンを接種できない子供達には、栄養補給や健康管理の強化の面から、ご家庭でも簡単に作れるものも以下のブログで紹介していますので、ご参考ください。

① 離乳食や腸活としても人気の「あのヨーグルト」に、新型コロナウイルス患者の主な死因の一つである免疫応答「サイトカインストーム」を排除する抗炎症特性があることを発見

② あのビタミンが新型コロナウイルス感染の重症化、特に肺障害と血栓塞栓症の予防に重要な役割を果たしていることを発見・検証される

③ ウイルスを寄せ付けない⁈ 子供にも大人にも安心な食品で作る点鼻薬

【参考文献】

統計局ホームページ/人口推計(令和3年(2021年)4月平成27年国勢調査を基準とする推計値,令和3年(2021年)9月概算値) (2021年9月21日公表) (stat.go.jp)

2021年の出生数・死亡数の見通しー新型コロナの影響は限定的だが、一部に見過ごせない動きも日本総研 (jri.co.jp)

労働省新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード

ワクチン接種者数およびグローバルデータ
Our World in Data: Coronavirus (COVID-19)

米国MIT-DELPHI

英国Imperial-LMIC

英国Office for National Statistics

As omicron spreads, Europe scrambles to shore up health care

【参考データ】

■日本総人口:12,541万人
2021年総死亡者数:144万人(11.9万人/月)
生存総人口12,541万人-144万人=12,397万人

■グローバルデータは、Our World in Dataを参照

感染者&症例
この記事を書いた人
YOSHINORI MAEDA

研究者/アドバイザー

スタンフォード大学医学部COVID-19&免疫・幹細胞学コース等を修了。新型コロナウイルス・美容・健康についてエビデンスを元に「知りたい情報をわかりやすく」情報発信するブログを開設。
詳しいプロフィールはコチラ

YOSHINORI MAEDAをフォローする
MaedaNotes
タイトルとURLをコピーしました