誰にでもできる! おススメの英会話勉強法【Vol.3】

成功する英語勉強法
夢を実現する
この記事は約6分で読めます。

今度こそ英会話ができるようになる!あきらめていた人も大丈夫!忙しい社会人のために、独学でも今度こそ英語ができるようになる勉強法をご紹介しています。

こんにちは。

マーケティング・コンサルタントの前田 義徳(マエダ ヨシノリ)です。

前回の「誰にでもできる!おすすめのビジネス英会話勉強法【Vol.2】」をご覧いただきましたでしょうか?

Vol.2では、「勉強に取り組むための準備」についてご紹介しました。確認のためにもう一度振り返り、準備してくださいね。

今回の【Vol.3】では、「今度こそ英語ができるようになる」ために、私の個人的な実践例をご紹介します。「そんなやり方もあるんだ⁈」など、ぶっちゃけた具体例も可能な限り紹介したいと思います。

英語をマスターするためにはただ一つ

「永続的に行動を繰り返すこと」

このタイトルを見て、「だからー、続かないんですよ」「三日坊主でスグやめちゃうんですよ」などと聞こえてきそうですが、そんな方はもう一度【Vol.1】【Vol.2】を振り返ってくださいね。非効率なやり方、間違ったやり方をやってきたんですから、出来なくて当然だったんですから。

過去に「英語、やーめた」って事があったと思いますが、「日本語、やーめた」って事にはなってないですよね?

今度こそ英語をマスターするための

おススメの勉強法!(準備編)

英語はマスターできますから、安心して次のステップで進めてください。

【ステップ:1】英語を学ぶ「目標」を明確に!

「英語をマスターする!」と言っても、みなさんのレベルも目的も千差万別だと思います。

たとえば、

  1. 「海外旅行に行った時、空港や税関、ショッピングや食事などの会話を楽しむため」
  2. 「映画や音楽を英語で楽しみたい」
  3. 「仕事で外国人とのミーティングやディスカッションできるようになりたい」
  4. 「転職で優位なTOEICのスコアを伸ばしたい」

あなたは何を目的に、何のために、誰と、どのくらいの英語のレベルができるようになりたいですか? 「先ず、最低限〇〇できるレベルまでいきたい!」など、できるだけ「具体的」に考えてください。

【ステップ:2】「目標」以外の英語は勉強しない

目標が決まったら、「その目標以外の英語は勉強しない」と決めてください。【Vol.2】でもご紹介したように、「英語ができたらいいな」「あの英語教材がいいな」」などの誘惑に負けてしまうと、またいろいろなジャンルの英語教材に手を出してしまい、結局、英語を身に付けることができません。

また、目標に最短最速で近づくには、その目標が使う英語を最優先に記憶し、脳に定着させることです。それ以外の英語は、後回しにしましょう。余裕が出てきたら勝手に脳が覚えてくれるようになります。

私の場合、目標を先の「3.「仕事で外国人とのミーティングやディスカッションできるようになりたい」と決めました。それ以外の1、2、4は、「先ずは「3」が出来てからの後回し」と決めました。

通っていたビジネス英会話スクールで、「感嘆文」と言われる文法のレッスンがありました。その時に出た例文が「What a beautiful flower this is!(なんて素敵なお花なんでしょう!)」でした。外国人講師が、満面の笑みと表現でこのセリフを言ったのを鮮明に覚えています(笑)

正直、がっかりでした。

ディズニー映画に出てくるようなフレーズですが、仕事での外国人とのミーティングやディスカッションする場においては、99.9% 出てこないフレーズです。

このように目標から離れた例文やフレーズを覚えるより、目標で使うフレーズや単語を脳に定着させることを最優先することを意識してください。

【ステップ:3】あなたオリジナルのテキストを作る

目標とする英語をマスターする最短最速のテキストは、あなたが普段、話している、会話している内容をテキストにしてください。

今までは、市販されているテキストやスクールで提供されるテキストを見て、そのフレーズを覚えて、そのフレーズを口にしていませんでしたか?

その時の頭の中では、「英文フレーズの記憶の呼び出し」→「その英文フレーズが合っているかどうかの確認」→「(間違いない。と判断したら)英文フレーズを口に出す」という流れになっています。

あなたは日本語を話すとき、このように一旦、正しい日本語のフレーズを記憶から呼び出し、合っているかどうかを確認してから話していますか?

違いますよね?

英語も日本語も言語です。あなたが普段、話している、会話している日本語をベースにした英語のテキストを作るんです。

たとえば私の場合、次の3つの会話を録音しました。

  • A. 普段、会社の中で交わしている会話
  • B. 社内会議で話している会話
  • C. 社外の方々との会議で話している会話

この3つの会話集を作って気づいたんですが、自分自身の口グセや決まり文句があるんですよね。正しい日本語文法かどうかなんて完全に無視し、無意識でポンポン口から発しているんです。

そう! このように無意識で口からスムーズに英語が出てくることが理想なんです!

だからこそ、あなた自身が普段、話す・聞く内容の日本語を英語にしたほうが、もっともあなたに適したテキストになるんです。

では、「その日本語を英語にするには、どうしたらいいのか?」というご質問ですよね?

あなたの近くにバイリンガルの方がいらっしゃれば有難いですが、そうでない場合はランサーズなどに依頼しましょう。

料金は時間単価ですので、会話集のボリュームに応じて予算内に抑えることもできるので、検討してみてください。

【注意】もちろん、会社内の機密情報や、あなた自身のプライバシーに関わる内容には十分に注意し、削除・修正するなどして依頼してくださいね。)

(依頼する場合、会話集の中の登場人物の特徴(たとえば、上司なのか。部下なのか。同僚なのか。)などを翻訳者に伝えましょう。ネイティブが使っている英語に近いテキストが出来上がります。)

仕上がったテキストを見ると、「あの時しゃべった話を英語にすると、こんなフレーズなんだ!」って、ほんとに早く英語を覚えますよ!

ステップ3までご紹介しましたが、ここまででいかがでしたでしょうか?

ポイントを整理すると
【ステップ:1】英語を学ぶ「目標」を明確に!
【ステップ:2】「目標」以外の英語は勉強しない
【ステップ:3】あなたオリジナルのテキストを作る
でした。

あなた自身の目標達成のために。そして、最短最速でマスターするために、是非、取り組んでください。

次のブログ【Vol.4】では、ステップ3までに準備ができたことを前提に、実践を踏まえた英会話勉強法をご紹介いたしますので、お楽しみに!

PS: 弊社のコンサルティング・サービスでは、このようなクライアント様のお悩みにもお応えしています。クライアント様独自にカスタマイズしたコンサルティングを行っていますので、お気軽にご相談ください。

マーケティング・コンサルタントの前田義徳(マエダ ヨシノリ)でした。

英語勉強法
この記事を書いた人
YOSHINORI MAEDA

研究者/アドバイザー

2020年、スタンフォード大学医学部COVID-19&免疫学コース等を修了。新型コロナウイルスについてエビデンスを元に「知りたい情報をわかりやすく」情報発信するブログを開設。
詳しいプロフィールはコチラ

YOSHINORI MAEDAをフォローする
MaedaNotes
タイトルとURLをコピーしました