コロナ第6波 新規感染者数推移(予測)

コロナ第6波 いつ来るのか感染者&症例
コロナ第6波
この記事は約5分で読めます。

著)ヘルスケア・アドバイザー:前田 義徳(マエダ ヨシノリ)

2022年1月23日現在、前回(2022年1月9日)の予測を更新いたしました。

※ オミクロン株の感染力や症状や後遺症などの詳しい情報は、コチラをご覧ください。

新規感染者数および死亡者数のピーク(予測)

現在の感染対策を継続するものとすると、感染者数および死亡者数は次の予測となります。

  • 【感染者数のピーク】
    2022年2月4日(金)の 141,987人/日がピークと予測されます。
     
  • 【死亡者数のピーク】
    2022年2月28日(月)の382人/日がピークと予測されます。
     

図1: 2021年1月1日~2022年4月30日までの感染者数&死亡者数の実数(発表数)と予測値

第6波予測2021-2022
感染者数&死亡者数(実数+予測)

図2:2022年1月1日~2022年4月30日までの感染者数&死亡者数の予測値(拡大図)

第6波感染者数2022
感染者数&死亡者数(予測)

2022年 1月24日~2月6日 の予測

日付感染者数(予測)死亡者数(予測)
1月24日61,57513
1月25日67,46914
1月26日74,74615
1月27日82,65116
1月28日91,06417
1月29日98,86419
1月30日106,18122
1月31日114,15325
2月 1日122,64529
2月 2日131,70834
2月 3日141,30140
2月 4日141,98747
2月 5日134,02956
2月 6日128,95067
感染者数+死亡者数予測(1月24日~2月6日)

コロナ第6波に注意すべきこと

コロナ株の新たな変異

2022年1月日現在、デルタ株からオミクロン株に移り変わっている新型コロナウイルスですが、ゲノム解析の研究機関のデータによると、デルタ株もオミクロン株も変異し続けています。

デルタ株の変異状況
・シンガポール: デルタ株変異種AY.23
・イギリス: デルタ株変異種AY.4.2、AY.25、AY.30、AY.33
・ドイツ:デルタ株変異種AY.4.2、AY.25、AY.30、AY.33
・中国:デルタ株変異種AY.23、AY.25、AY.37、AY.4.2
・アメリカ:デルタ株変異種AY.25
・中央アフリカ:SARS-CoV-2 B.1.620

新たな脅威となる変異株が出現しないよう、引き続き十分な感染対策と注意が必要です。

医療崩壊

オミクロン株の感染拡大が大きいヨーロッパでは、次のような医療崩壊と回避対策が行われています。

  • イギリス(英国国民保険サービス)
    医療従事者の感染によりスタッフ不足となり、軍隊(衛生兵)が救急サービス支援を開始
  • フランス
    医療従事者の感染により病院閉鎖。自己隔離期間を短縮し、患者への治療を許可
  • ドイツ
    医療崩壊を回避するために、レストランやバーへの入場規制。検疫期間と自己隔離期間の短縮を決定
  • イタリア
    医療崩壊エリア(南イタリア都市ナポリ)では、救急隊による野戦病院(テント)を設置し対応。

各国の状況から、日本も医療崩壊を避ける事前対策が1月中旬には準備されている必要があると考えられます。

個人レベルでのコロナ対策

コロナ第6波が来ることが予測される中、重症化を防ぐために世界各国でも次の対策が挙げられています。

  • ワクチン接種済でも感染する可能性がある(ブレイクスルー感染)
  • ワクチン接種ができない方、11歳以下の子供達への対策

コロナ対策としては従来通りの、マスク、手洗い・消毒、ソーシャルディスタンスが基本となります。さらに、次に挙げる3つの論文・発表による対策もおススメです。世界の著名な大学や研究所で発見・検証され、科学誌に掲載された個人で出来る対策ですのでぜひ検討してみてください。

特に、高齢者やワクチンを接種できない子供達、受験シーズンに入る受験生など、これからの季節には必要な対策です。ご家庭でも簡単に作れるものもあり、栄養補給や健康管理の面でもおすすめです。

① 離乳食や腸活としても人気の「あのヨーグルト」に、新型コロナウイルス患者の主な死因の一つである免疫応答「サイトカインストーム」を排除する抗炎症特性があることを発見

② あのビタミンが新型コロナウイルス感染の重症化、特に肺障害と血栓塞栓症の予防に重要な役割を果たしていることを発見・検証される

③ ウイルスを寄せ付けない⁈ 子供にも大人にも安心な食品で作る点鼻薬

また、本ブログで紹介しきれていないコロナ感染による症状やワクチン副反応などについてまとめた書籍(定価842円)が期間限定で無料版もご用意していますので、ぜひご覧になってください。


みんな、どうだったの? エビデンスで答える新型コロナ感染症とワクチン副反応: ワクチン接種前後の必読本

【参考文献】

統計局ホームページ/人口推計(令和3年(2021年)4月平成27年国勢調査を基準とする推計値,令和3年(2021年)9月概算値) (2021年9月21日公表) (stat.go.jp)

2021年の出生数・死亡数の見通しー新型コロナの影響は限定的だが、一部に見過ごせない動きも日本総研 (jri.co.jp)

ワクチン接種者数およびグローバルデータ
Our World in Data: Coronavirus (COVID-19)

米国MIT-DELPHI

英国Imperial-LMIC

英国Office for National Statistics

As omicron spreads, Europe scrambles to shore up health care

【参考データ】

■日本総人口:12,541万人
2021年総死亡者数(予測値):142万人(11.8万人/月)
生存総人口12,541万人-142万人=12,399万人

■ワクチン接種非対象者数 (0歳~11歳の人口):1,170万人( 総人口に占める割合9.3%)
11歳~9歳314万人(総人口に占める割合2.5%)
6歳~8歳298万人(2.4%)
5歳~3歳292万人(2.3%)
2歳~0歳265万人(2.1%)

■ワクチン接種可能対象者数12,399-1,170=11,229万人
ワクチン1回目接種者数:6,903万人(61.5%)
ワクチン2回目接種者数:7,329万人(65.3%)

■新型コロナウイルス株感染者数(PCR確認)=抗体保持者:88万人
 新型コロナウイルス株感染者数(無症状兼PCR未検査)=抗体保持者:
 (L)実行再生産数:381万人
 (M)実行再生産数:439万人
 (U)実行再生産数:539万人


■国内総病床数:1,515,395
 ICUベッド数:6,763

■重症化入院率:0.001
 中等症入院率:0.557
 軽症化入院率:0.033

■グローバルデータは、Our World in Dataを参照

タイトルとURLをコピーしました